2017年10月26日

半音階の交通整理

FENICEでは定期的に杉田先生によるボイトレが行われますが、今回は久しぶりに京橋のミュージックスクエアで行いました。土曜日のお昼に京橋とあって、お昼をどこで食べようか?ボイトレ後はどこかで一杯喉を潤していく?なんて話も出たりします。
もちろんボイトレを楽しく有意義に受けるための善後策な話ですが、今回も16人でのボイトレとなりました。
今回は半音階の移動を滑らかにする練習を中心に、二時間のボイトレとなりました。

20171026152912125.jpg


大体の人は『ドレミファソラシド』と歌ったとき、オクターブ上のドまで辿り着けると思います。
ではこれを『ド ド# レ レ# ミファ〜』と半音階で上がって行った時、どれだけの人がオクターブ上のドに辿り着けるでしょうか?
これが結構難しいのです。
杉田先生は『同じ半音階でも、その広さは均一ではない。なので余計に難しいんです。』と教えてくれます。
その中で題材に挙げたのが、モーツァルトのレクイエムからサンクトゥスとベネティクスのホザナ部分。
元々この2曲は同じという扱いを受けるものの、蓋を開けると全然違うので、アウアウ言うてる間に終わってしまった。そうなりやすい曲ですが、更に各パートとも1オクターブ以上をコロコロ降りたり登ったりと、かなり忙しい曲なのです。
なので、まずは半音階を頭と体に馴染ませ、そこからこの2曲を自分のものにできるように進めて行く形となりました。

20171026135738597.jpg

最後はこの山場も16人で随所にハモらせる事ができましたが、10倍近い人数でハモらせるためには、まだまだ努力が必要なようです。

文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 13:58| 大阪 ☀| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

本山モツレク再稼働!

土曜日は朝9時半から西区民センターでの本山先生による練習でした。
先月の台風の日、鳴尾公民館で練習して以来の本山先生練習ですが、ここ3ヶ月ほどハイドンのネルソンミサをずっと練習してきた中で、久しぶりのモーツァルトのレクイエムの練習でした。本山先生の指導でモーツァルトのレクイエムを歌いたい!と思ったメンバーにとっては、待ちに待った感が全面に出ていたかもしれません。
20171010082057507.jpg

さて練習のほうはというと、アニュス・デイから始まりまして、ベネティクス、サンクトゥス、オスティアスの後半を行いました。
20171010082113160.jpg
最初は朝一番で、メンバーの声も耳も寝たまんまだったようで、本山先生が
『ここのホール(西区民センター)、あまり響かないですね〜』
と困った様子。


その後、例えばアルトとテナーを向かい合わせて内声を揃えてみたり、女声の耳と声を叩き起こしてみたりして、
『私も何度となくモーツァルトのレクイエムを指導してきましたが、アニュス・デイで1時間かけた事はないですわ。』
と本山先生に言わしめるほど、みっちり時間をかけて練習しました。
20171010082133387.jpg 20171010082157236.jpg

すると、最後には
『先ほどこのホール、響かないですね〜と申しましたが、けっこう響きますね(笑)』
と、本山先生。
起き抜けからどんなホールでも響かせることができる合唱団にならなければ。
20171010082232337.jpg
ピアノの辻本先生も本山先生のお話を覗きこんで聴いていました。

ところで練習終了後、本山先生に少しお時間があるとのことで、メンバー全員とはいかないものの、少しお昼ごはんをご一緒することができました。
音楽の話はもちろんのこと、何処のラーメンが美味しいとか、他の日常私生活の話も少し楽しむ事ができました。
本山先生との結束力がますます強くなるFENICE、次の演奏会まで半年を切りましたが、更に良い合唱団になってきております。今後の動きに乞うご期待ください♪
(テナーP)
posted by ANKAA(アンカ) at 08:24| 大阪 ☀| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

市川先生のレッスン

前日のFENICE芸術祭の余韻も冷めやらぬ10月1日の朝10時から練習がありました。
芸術祭の本番直後の朝であっても出席率が良く、堀江アルテはほぼ満員。
この日は久しぶりにモーツァルトのレクイエムの練習をしました。

20171002122757046.jpg 20171002122807485.jpg

ご指導くださったのはこの春からピアニストとしてお越しいただいている市川先生。
Offertoriumから最後までをそれぞれのパートがどのように重なっているかを意識しつつ、しっかり聴きあいながら練習しました。
そうして"聴く"ことを意識しながら練習をしているととても大人な演奏に!
第4回のモーツァルトレクイエムとはまた違ったレクイエムになるのではないかと楽しみになってきます。

20171002122836540.jpg

ご自身が歌われる時はアルトという市川先生からは、発声や歌い方についても沢山の金言をいただきました。
その中から2つご紹介します。
「アッチョンブリケ」
「ご利用は計画的に」

20171002122846995.jpg 20171002122854249.jpg

詳しくお知りになりたい男声の方は是非FENICEまで!(現在男声のみの募集です)
通常練習とは別に、今月は市川先生のコレペティ練習もあります。
いろいろな先生から様々な目線でご指導いただけるのもFENICEの魅力のひとつですね。

アルト A-PAN
posted by ANKAA(アンカ) at 12:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

FENICE芸術祭、終わりました❗️

昨日はFENICE芸術祭、無事に終演いたしました。

出演者も裏方も受付も団員で。
お客様にも団員が出演するメンバーを応援に来てくれていましたね✨
こんな行事が仲間だけで開催出来たこと、とても嬉しく思います。

出演者はみんな、キラキラ輝いていましたね❗️
チャレンジ精神は素晴らしい☺️
とっても素敵でした(о´∀`о)


辻本先生からも合わせから本番、たくさんアドバイスやパワーをいただいて、みんな頑張れました❗️


そして、出演者を応援に来てくださっている関係者以外のお友達、ご家族等々。
ご来場いただきましてありがとうございましたm(_ _)m


今後ともFENICE団員一同、感謝し
ますます精進していきたいと思います。


さて、FENICEの本公演は来年4月7日。
いたみホールでお目にかかりましょう🎵

たくさんの方へ感謝を。


20171001165634455.jpg


20171001165642807.jpg

posted by ANKAA(アンカ) at 16:57| 大阪 ☁| Comment(0) | 演奏会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする