2017年11月06日

おもろい合唱団

昨晩は本山秀毅先生によるモーツァルトのレクイエムの練習。オスティアス➡サンクトゥス➡アニュスデイ➡レクイエム・エテルナムの練習を行いました。

このうち、オスティアスの練習に最初の一時間を惜しみ無く注ぎ込みまして、徹底的に4声のサウンドを磨きました。
このオスティアスに一時間かけるねらいは、『こういうゆっくりとした曲を聴かせ上げることができるのが大人の合唱団なのです』と本山先生。
聴かせ上げるためには、各パートのパート練習が出来上がって、それぞれのパートがしっかり歌いまして完成!
ではなく。
それぞれのパートのメンバー1人1人が耳を研ぎ澄まして、お互いのパートの声を聞いて歌いましょう。
今回も口酸っぱく指導をいただきました。

確かこれは聞くのが2回目なので、このブログで公表しても良いと思うのですが、、、

『音楽家に『アイツ耳悪いんちゃう?』と言われるのは、関西人に『アイツおもんないなぁ』と言われるくらい致命的な事なんですよ』

本山先生のなごみ話として語ってくださいますが、FENICEの基本的な練習の本拠地は四ツ橋の堀江アルテです。大阪のほぼど真ん中なんです。
『FENICEの合唱っておもんないなぁ』って言われたら大阪の合唱団としては切腹モノなのです。FENICEは不死鳥なので死にはしませんが、相当なダメージを食らうのです。

ダメージを受けたくないので、毎回の練習に情熱を注ぐわけですが、そんな昨日の練習。団員の耳が確実に育ってきているようで、おもろいサウンドが鳴り始めてますよ。
来月頭には普段とは形式を変えて、三時間アカペラ練習を行う予定です。ここでハモりのおもろさを体感したFENICEメンバーは、確実におもろい耳が熟成されていくのです。

(文・テナーP)
posted by ANKAA(アンカ) at 20:57| 大阪 ☀| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日連続モツレク三昧の2日目。そしてHarmony for Japan

27日に引き続き、28日も同じく堀江アルテでモツレク練習でした。

3時間のうち最初の2時間は、杉田結里先生による練習。

Introitus~Kyrieを重点的に取り組みました。この2曲は来年4月の本番に先駆けて、3月4日に長岡京記念会館で開催されるHarmony for Japan復興支援コンサートで演奏することになりました!
東日本大震災被災地の合唱活動支援で2012年から毎年開催されているこの演奏会、団員有志の参加はこれまでもありましたが、昨年はLA FENICEとして参加し「天地創造」から2曲抜粋し演奏しました。そして今年も参加できることになり、歌うのがこの2曲。

被災地の復興への願いやいろいろな思いを、モーツァルトが人生最後に手掛けたこの2曲と共に歌い上げ、聴衆にも「おお!」と思っていただきたいと思いますが、まだまだ課題もたくさん。

杉田先生の練習ではピッチ、フレーズ、息遣い、楽しいヒントを毎回いただくのですが、今回は「大きなかぶ」
この童話のタイトルを思いきり伸ばして発語するのが個人的にヒットでした。

 杉田先生に引き続き、後半1時間でモツレク全曲のペース配分を考えよう!と全曲通し。
チェックポイントの確認や指導もできるだけソリストの演奏時間に合わせて、という感じでほぼきっちり時間を使い切りました。曲を個別に取り上げる練習では気づかない難所の連続や、後半のスタミナ切れに気付いたメンバーも多かった?
気付けば(いや気づかなくても)、演奏会まであと5ヶ月。
 前回からさらにレベルアップした演奏をお届けできるようにFENICEの練習は続きます。

 ただ季節の変わり目か、低気圧の影響か、体調を崩したり声の調子が悪かったメンバーもいて気がかり。皆さんご自愛を!
(文・テナーUっちー)
posted by ANKAA(アンカ) at 09:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする