2017年12月16日

言葉も和音も大事なのです

LA FENICEの2017年の最後の通常練習は城東区民センターにて、杉田結里先生&市川麻理子先生コンビによる三時間練習でした。
数回前から準備運動としてラジオ体操第1を行っていますが、今回は広々とした城東区民センターで、更に市川先生による生演奏。体操の伸びも2割くらい増したかもしれません。

FB_IMG_1513431772629.jpg

その後、これも前回あたりから始めた、ややこしい箇所の言葉読み。
初めはネルソンミサのクレドの一部分でしたが、その後のレクイエムの練習でも今回は言葉読みが随所で行われました。

FB_IMG_1513431783792.jpg

関西人なら身に覚えのある例え話ですが、『関西電気保安協会』と見ると、あのCMの節を付けないと喋れないという話があります。
普段取り組んでいる曲の言葉も、慣れてしまうと節が勝手に付いて回ってしまうため、言葉がおざなりになってしまうケースがあります。
今回はモーツァルトのレクイエムを中心に、今一度言葉が持つ節に沿って喋るという時間も設けられました。言葉を喋る練習は、本番直前でも欠かせないものかもしれません。

FB_IMG_1513431791303.jpg

今回は言葉だけではありません。和音にも特注してしっかり練習しました。
せっかくの響きの良い城東区民センターです。発声練習の時から根音、三音、五音を耳から作る練習をし、最後の30分は前回の杉田先生練習と同じくアカペラでの音楽作りとなりました。言葉も大事ですが、それを届ける和音も大事なのです。

そしてこれも今回からの取り組み。
メンバーを2グループに分けて、片方が舞台上で歌い、片方がホールの最後部でその歌を聞く。その後、どうだったかの意見を述べるという時間が設けられました。
がむしゃらに歌うのではなく、考えて、客観的に歌うという時期に入ってきました。

FB_IMG_1513431797196.jpg

DSC_0504.JPG
舞台上はこんな感じですが

DSC_0505.JPG
残り半分の仲間は壁の突きあたり、かなり遠くなのです!!

こんな感じで年内の練習はこれにて終了。
次回は年賀状を52円でポストにギリギリ投函できる頃に行います。お正月を経て、曲が全部すっ飛んだという事がないようにしておきたいところです。

文・テナーP

2017年12月15日

意味を知って歌うこと

12日は堀江アルテにおいて、辻本圭先生による通常練習でした。年末、平日、寒波到来の条件にもかかわらず、80人もの参加で活気ある練習になりました。

DSC_0489.JPG

寒くて固まった身体をまずはラジオ体操でほぐします。
生ピアノは贅沢🎵
DSC_0486.JPG

今回はモツレクを最初からおさらい。
前回のアカペラ練習で耳を働かせて音を合わせる意識も高まって…と、いきたいところですが、そこまで音楽の神様も甘くない。
今回は、言葉の表現について、辻本先生からたくさんの例えを交えたご指導がありました。歌詞の意味を理解して言葉を発して表現を乗せているか?
時には伯爵令嬢のように、時にはスカーレット・オハラのように。
"dona"は"give me"。donaを連呼するということは「下さい」と何度も懇願すること。"tremende"て恐れおののく心情を表現出来ているか、など。

DSC_0488.JPG

今年の練習はあと一回!年末年始で指導された内容が頭から去って行かないように、楽譜に訳を書き留めて、本番に向けて質を高めていきたいものですね。
文:テナーU
posted by ANKAA(アンカ) at 07:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

アカペラと忘年会と

先週土曜日は朝から中之島公会堂の大会議室にて、杉田結里先生の指導により練習を行いました。
写真で見ていただくと分かりますが、今回はピアニストが居ません。初の試みですが、三時間の全てをアカペラで練習することとしました。

FB_IMG_1512965390022.jpg

前回の練習で、本山秀毅先生より
「次回から、家を出るときに『今から歌ってくるわー』と言うのではなく、『今から耳使ってくるわー』と言って出てきてくれますか?」
というお達しが入ったくらい、耳を使うことへの課題を与えられましたので、今回のアカペラ練習はまさに耳を鍛えるための練習と言えます。

DSC_0482.JPG

今回はモーツァルトのレクイエムから、冒頭〜涙の日までを抜粋して歌いましたが、例えば『怒りの日』に伴奏が無いというのは、なかなかの違和感や戸惑いを覚えます。あの膨大なオーケストラの中で、合唱はどのように歌っているのか?歌っている当人達も気づかされた事が多かったように思います。

FENICEは現在団員数が120人超の大所帯合唱団ですが、今回の練習にも100人近くの老若男女なメンバーが練習に参加しています。この数をアカペラで声を揃えることは、かなりの集中力を要します。
今回も最初はなかなか声が揃いませんでしたが、1人が気付き、また1人が気付き、と気付くメンバーが増えていくと、連鎖反応で声が揃い始めました。この感じを体感できるのは、アカペラ練習ならではですね。

今回は初めてのアカペラ練習でしたが、FENICEでは定期的に実施したいと思いました。

FB_IMG_1512965397676.jpg

その後、練習を終えたあとは、有志での忘年会。今回は杉田先生を含めて38人のメンバーで中華料理を囲みました。新しいメンバーから、演奏会打ち上げに参加できないけど、ランチなら〜というメンバーまで色々な顔ぶれで、二時間を楽しませてもらいました。
なお12月の練習はあと2回あります。『よいお年を〜』というのは、まだ早いですからね!と言って、この日の宴会は終了したのでした。

FB_IMG_1512882050977.jpg

次回の練習は、アカペラ練習とは逆にピアニストの辻本圭先生による練習。今度はピアニスト目線からの気付きをどんどん指導していただく予定です。

文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 13:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

命日にはレクイエムを

5日の火曜日は平日夜でしたが、本山秀毅先生によるモーツァルトのレクイエムの練習でした。土日祝日に練習を行う場合は3時間行うのですが、平日夜に練習を行う場合は19時〜21時の2時間に凝縮して行います。
ところで昨日は12月5日。今から遥か昔の1791年のこの日にモーツァルトは35歳の若さで亡くなったと言われています。FENICEでは来年の4月7日にモーツァルトのレクイエムを歌いますので、昨日は献歌の意も込めて、真摯にレクイエムの練習に取り組みました。
DSC_0470.JPG

ちなみに今から4年前、同じくFENICEでは第4回演奏会でこのモーツァルトのレクイエムを歌っているのですが、ちょうど4年前のこの日も前任の小玉晃先生の指導により、この曲を練習していました。
4年前も今年も、たまたまモーツァルトのレクイエムが選ばれて、たまたまこの日に練習が設定されたのですが、こういう偶然が積み重なって、必然へと変わっていくものなのかもしれません。
DSC_0475.JPG

さて昨日のこの日はといえば、やはりポイントは『耳を使うこと』。そして『自分のパートがどの役割なのか、自分の立ち位置を理解すること』。
特に『耳を使うこと』に関しては今日も過去もこれからも指導されると思います。

DSC_0478.JPG

昨日については極めつけで、
「皆さん、家の人に『ちょっと今から歌ってくるわー』って言って家を出てくると思うんです。ちょっと次回から『ちょっと今から耳使ってくるわー』って言って家を出てきてくれますか?(笑)」
歌うことより耳を使うことに比重を置くべしという、極めて分かりやすい例だと思います。
DSC_0476.JPG

本山先生による練習は今年はこれで終了となるのですが、FENICEとしては12月中にあと3回練習します。次は今週の土曜日でして、初の試みとして、3時間ずっとアカペラ練習を行います。アカペラで頼るべきものとは?

『ちょっと今から耳使ってくるわー』

DSC_0479.JPG

文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 09:03| 大阪 ☀| Comment(0) | 団員にお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

チラシ完成とメンバーへお届け🎵

来年4月に行う第8回演奏会のチラシが昨日出来上がりました!
DSC_0463-38081.JPG
今年はなんと両面刷りです♪
いち早く手元に届けたいと思い、本日大阪城ホールで開催されるサントリー一万人の第9の集合前に現地に立ち寄りまして、演奏会に参加する団員を中心に配布しました。
1512262554601.jpg
演奏会のタイトルは「父と神童」と伏しまして、これより更に磨きをかけていきます。
引き続き、続報をお楽しみにしててくださいね♪

実は、参加する仲間を見送っていると一万人の指導をされている先生や、な!なんと私服のマエストロにもお会いすることが出来ました。これは幸先いい予感です。

テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 09:59| 大阪 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする