2018年01月11日

2018年年明けは通し練習から

皆様明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

 2018年FENICEの歌い初めは、1月7日、難波市民学習センターで杉田先生&辻本先生による全曲通し練習でした。交通機関の乱れもあったり、慣れない練習場で途中迷子になりかけたりしながらも、たくさんのメンバーが集まりました。
DSC_0608.JPG
9時30分からの開場と共に早く来れたメンバーで椅子だしをし、辻本先生のピアノで生演奏ラジオ体操。特に冬の朝は身体が固くなっていますからね。そして、鼻笛。今日はチューリップをみんなで演奏してみました。案外メロディーが吹けてましまね。

そして朝10時から、途中ランチタイムを挟んで新年早々約6時間の長丁場の中、午前はハイドン、午後はモーツァルト、最後はちょっと駆け足になりながら全曲のおさらいができました。
DSC_0610.JPG

 本山秀毅先生は「人は忘れるのは当たり前ですが、思い出しまでの時間を短くしてください」とよく仰っておられます。年末年始、ともすれば教わったことが忘却の彼方に行ってしまいがちですが、全曲通しを通じてメンバー個々に思いだし、おさらい、地固めができたかと思います。先生方、長時間の練習ありがとうございました。
DSC_0612.JPG

年末にメンバーには宿題が出ていました。そう、「書いてない人は楽譜に日本語訳を書き込んでください」。
 年末のレッスンで、辻本先生がモツレクのKyrieをレッスンしながら「dona」を「ください 下さいください」と歌っていたのが記憶に新しいところですが、譜読みしながら日本語訳を(聖書の訳って文語調がほとんどですので)口語変換してみると、ハイドンのGloriaで男声の「te」にfzがついてるのは「神様!」って言いたいのかなあ、とか中盤でソリストとかけあいながら「deprecationem nostrum」をpとfで連呼するのは「お願い聞いて!」という気持ちの表現なのかな、などと個人的な解釈が膨らんで、そうなると曲調と歌詞の内容がリンクしてきて、今更ながらですが譜読みと日本語訳は早めに頭に入れるべきだな、と思った次第です。

 ランチタイムは練習場内が飲食禁止だったことから、皆思い思いに外食を楽しみました。
年末にはチケットが完成し、今回はアンコールの楽譜も配られ、演奏会がだんだん近づいてきております。本番に向けて完成度をどんどんあげていきたいものです♪(文・テナーU)
posted by ANKAA(アンカ) at 07:35| 大阪 ☔| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

アロハ合奏団ウインドオーケストラに出演します❗️

あけましておめでとうございます❗️

新年初め、1月8日(月・祝)
FENICEの男声メンバーが
アロハ合奏団ウインドウオーケストラ
の演奏会に『アロハ・フェニーチェ合唱団』として出演します❗️

20180107150132663.jpg

アロハさんとLA FENICEは、創立時にオーケストラをしていただいた関係で、それ以来LA FENICEから演奏会で合唱団が必要な時は出演させていただいております。

20180107150156793.jpg

今日は絶賛、翌日の演奏会に向けての熱いリハーサルです。

20180107150145287.jpg

みなさん!
とても楽しい演奏会です。
良かったらお越しくださり、FENICEメンバーにもご声援くださいませ。
1月8日14時、西宮アミティーホールでお待ちしております(^-^)

posted by ANKAA(アンカ) at 15:02| 大阪 ☁| Comment(0) | 演奏会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする