2018年05月30日

新しい指導者のご紹介

4月に第8回演奏会が終演し、
既に次の演奏会に向けて活動しておりますが、約2ヶ月ほど更新が止まっておりました。

その間にFENICEとしても、またもや新しい一歩を踏み出すため、色んな活動を行っております。

そして、前回指導者の本山秀毅先生が大阪音楽大学の学長就任に伴い、
新しく合唱指導の先生をお招きしました。

中村 貴志≪なかむら たかし≫
著名指揮者の下、プロ・オーケストラ、オペラ団体、国際音楽祭などで多数の合唱指揮を担当、その手腕は高く評価されている。海外においては2004年と2008年にドイツで、2009年にスイスで、2010年と2011年には在セルビア共和国日本大使館の招聘によりセルビアで指揮活動を展開。2014年は5月にモーツァルトの生誕地ザルツブルクでモーツァルトのミサ曲を教会のミサの中で指揮。6月にスイスで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年はドイツのベルヒテスガーデンの大聖堂でモーツァルトの『レクイエム』を指揮して成功を収めたとともに、当地の新聞紙上の批評も大好評であった。
一方、作編曲家としても活躍。作曲を担当したラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』がギャラクシー賞ラジオ部門奨励賞とJFN賞企画部門大賞を受賞。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレーや瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』、オペレッタ『いのちのうた〜アリとキリギリスの物語〜』を作曲、いずれも好評を博した。南こうせつや安藤裕子、藤澤ノリマサ、福原美穂などJ-POPのオーケストラ編曲も手掛けている。
received_1736611683049476.jpeg

先生のレッスンは興味深く、そして楽しくご指導してくださいます。
またこの一年でFENICEは成長間違いなし❗️

posted by ANKAA(アンカ) at 12:56| 大阪 ☔| Comment(0) | 指導者・ピアニスト等指導陣のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

第9回演奏会に向けて始動!

LA FENICE 第8回演奏会《父と神童》から一月が経ちました。
ご来場くださった皆様、誠にありがとうございます。
FB_IMG_1525472539826.jpg
さて、FENICEはのんびり余韻に浸ることなく、次の演奏会に向けて始動しています。
4月28日に次の演奏会に向けての初練習がありました。
FB_IMG_1525000187038.jpg
杉田結里先生の発声練習でしっかり声を起こした後に、今回からご指導くださる中村貴志先生にバトンタッチ。
初回から濃密なレッスンとなりました。
FB_IMG_1525000198192.jpg
中村先生が今回しっかりやっていきたいとおっしゃったテーマは2つ。
「和声感」と「ドイツ語」
和声感については、作曲もなさる中村先生に和音の流れを丁寧に紐解いていただきながらのレッスンで会場からも「ほー」という声が漏れるほど。
またドイツ語も発音を確認しながら進めてくださりました。
FB_IMG_1525000203587.jpg
練習後には団員の親睦を深めるためにランチ会があり、こちらにも40人を越えるメンバーが参加しました。
しっかり練習して、しっかり楽しむのはFENICEのカラー。
アルトと男声はまだ募集中です。
ご興味のある方は見学にお越しください♪
アルトAP
posted by ANKAA(アンカ) at 07:26| 大阪 | Comment(0) | 団員にお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする