2018年09月15日

ヨハネ、最初の一巡がやっと?!

平成最後の暑い夏が過ぎ去り(ってもいないけど)、9月に入った初日の午前中もヨハネ受難曲の練習を行いました。
この日の指導は中村 貴志先生、そしてピアニストはFENICEでははじめましてな植松 さやか先生にて三時間の練習となりました。団員の皆さんの大半は植松さんと初めてお会いするし、植松さんもFENICEに初めてお越しとあれば、きっとお互いワクワクしながらのセッションを楽しめた事と思います。
DSC_1467.JPG

DSC_1468.JPG

さて、その練習内容は?と言いますと、いよいよ民衆役(トゥルバ)の合唱も全曲取り組みまして、某曲を残しておりますが、一応全体を一巡することとなりました。
最後の一時間は再び頭に戻って1曲目を更に細かく練習しております。

DSC_1466.JPG

ところで1曲目に戻る前に取り組んだ曲の中に23dと27bがあります。
前回のブログで、歌っていると『黒いチゲ鍋』が食べたくなるという話がありました。これは21dに『十字架にかけろ!』という意味で『Kreuzige!』と延々と歌うのです。
やもすると、このKreuzigeが黒いチゲに聞こえてしまい、それじゃアカンやん!という事で、後日黒いチゲを出してくれる店を探して、メンバーで実食して戒めよう。というお話です。
なお現在のところ、赤いチゲ、白いチゲはありますが、黒いチゲを出してくれるお店は大阪市内で見つかっておりません。ご存知の読者の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちしております。ご連絡をいただいた方が男声であれば、更に練習見学のほうも併せてお待ちしております。

話は逸れましたが、Kreuzigeも連呼すると同様に、23dと27bもキーワードとなる言葉を連呼するのです。
23dは
Weg,weg mit dem,Kreuzige ihn!
このWegという言葉が畳み込むようにやってくるのです。日本語には使いっこない言葉を早口で喋るには、まだまだ時間がかかりそうです。
そして27bは
Lasset uns den nicht zerteilen,
sondern darum losen, wes er sein soll.
要するに『イエスの下着を景品にくじ引きします!』と言うてます。しかも割りと長い時間をかけて、何回も連呼します。
この時代に既にガラガラくじがあったのか?と思うくらい、当たりのでないくじ引きを歌います。
実際はどうだっかは知るよしもありませんが、ここから先の練習2順目に入るにあたっては、物語を楽しむために色んな角度から視点を持つというのも大事かもしれません。

DSC_1470.JPG
posted by ANKAA(アンカ) at 21:19| 大阪 ☁| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする