2017年10月26日

半音階の交通整理

FENICEでは定期的に杉田先生によるボイトレが行われますが、今回は久しぶりに京橋のミュージックスクエアで行いました。土曜日のお昼に京橋とあって、お昼をどこで食べようか?ボイトレ後はどこかで一杯喉を潤していく?なんて話も出たりします。
もちろんボイトレを楽しく有意義に受けるための善後策な話ですが、今回も16人でのボイトレとなりました。
今回は半音階の移動を滑らかにする練習を中心に、二時間のボイトレとなりました。

20171026152912125.jpg


大体の人は『ドレミファソラシド』と歌ったとき、オクターブ上のドまで辿り着けると思います。
ではこれを『ド ド# レ レ# ミファ〜』と半音階で上がって行った時、どれだけの人がオクターブ上のドに辿り着けるでしょうか?
これが結構難しいのです。
杉田先生は『同じ半音階でも、その広さは均一ではない。なので余計に難しいんです。』と教えてくれます。
その中で題材に挙げたのが、モーツァルトのレクイエムからサンクトゥスとベネティクスのホザナ部分。
元々この2曲は同じという扱いを受けるものの、蓋を開けると全然違うので、アウアウ言うてる間に終わってしまった。そうなりやすい曲ですが、更に各パートとも1オクターブ以上をコロコロ降りたり登ったりと、かなり忙しい曲なのです。
なので、まずは半音階を頭と体に馴染ませ、そこからこの2曲を自分のものにできるように進めて行く形となりました。

20171026135738597.jpg

最後はこの山場も16人で随所にハモらせる事ができましたが、10倍近い人数でハモらせるためには、まだまだ努力が必要なようです。

文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 13:58| 大阪 ☀| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。