2017年11月06日

おもろい合唱団

昨晩は本山秀毅先生によるモーツァルトのレクイエムの練習。オスティアス➡サンクトゥス➡アニュスデイ➡レクイエム・エテルナムの練習を行いました。

このうち、オスティアスの練習に最初の一時間を惜しみ無く注ぎ込みまして、徹底的に4声のサウンドを磨きました。
このオスティアスに一時間かけるねらいは、『こういうゆっくりとした曲を聴かせ上げることができるのが大人の合唱団なのです』と本山先生。
聴かせ上げるためには、各パートのパート練習が出来上がって、それぞれのパートがしっかり歌いまして完成!
ではなく。
それぞれのパートのメンバー1人1人が耳を研ぎ澄まして、お互いのパートの声を聞いて歌いましょう。
今回も口酸っぱく指導をいただきました。

確かこれは聞くのが2回目なので、このブログで公表しても良いと思うのですが、、、

『音楽家に『アイツ耳悪いんちゃう?』と言われるのは、関西人に『アイツおもんないなぁ』と言われるくらい致命的な事なんですよ』

本山先生のなごみ話として語ってくださいますが、FENICEの基本的な練習の本拠地は四ツ橋の堀江アルテです。大阪のほぼど真ん中なんです。
『FENICEの合唱っておもんないなぁ』って言われたら大阪の合唱団としては切腹モノなのです。FENICEは不死鳥なので死にはしませんが、相当なダメージを食らうのです。

ダメージを受けたくないので、毎回の練習に情熱を注ぐわけですが、そんな昨日の練習。団員の耳が確実に育ってきているようで、おもろいサウンドが鳴り始めてますよ。
来月頭には普段とは形式を変えて、三時間アカペラ練習を行う予定です。ここでハモりのおもろさを体感したFENICEメンバーは、確実におもろい耳が熟成されていくのです。

(文・テナーP)
posted by ANKAA(アンカ) at 20:57| 大阪 ☀| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。