2017年12月07日

命日にはレクイエムを

5日の火曜日は平日夜でしたが、本山秀毅先生によるモーツァルトのレクイエムの練習でした。土日祝日に練習を行う場合は3時間行うのですが、平日夜に練習を行う場合は19時〜21時の2時間に凝縮して行います。
ところで昨日は12月5日。今から遥か昔の1791年のこの日にモーツァルトは35歳の若さで亡くなったと言われています。FENICEでは来年の4月7日にモーツァルトのレクイエムを歌いますので、昨日は献歌の意も込めて、真摯にレクイエムの練習に取り組みました。
DSC_0470.JPG

ちなみに今から4年前、同じくFENICEでは第4回演奏会でこのモーツァルトのレクイエムを歌っているのですが、ちょうど4年前のこの日も前任の小玉晃先生の指導により、この曲を練習していました。
4年前も今年も、たまたまモーツァルトのレクイエムが選ばれて、たまたまこの日に練習が設定されたのですが、こういう偶然が積み重なって、必然へと変わっていくものなのかもしれません。
DSC_0475.JPG

さて昨日のこの日はといえば、やはりポイントは『耳を使うこと』。そして『自分のパートがどの役割なのか、自分の立ち位置を理解すること』。
特に『耳を使うこと』に関しては今日も過去もこれからも指導されると思います。

DSC_0478.JPG

昨日については極めつけで、
「皆さん、家の人に『ちょっと今から歌ってくるわー』って言って家を出てくると思うんです。ちょっと次回から『ちょっと今から耳使ってくるわー』って言って家を出てきてくれますか?(笑)」
歌うことより耳を使うことに比重を置くべしという、極めて分かりやすい例だと思います。
DSC_0476.JPG

本山先生による練習は今年はこれで終了となるのですが、FENICEとしては12月中にあと3回練習します。次は今週の土曜日でして、初の試みとして、3時間ずっとアカペラ練習を行います。アカペラで頼るべきものとは?

『ちょっと今から耳使ってくるわー』

DSC_0479.JPG

文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 09:03| 大阪 ☀| Comment(0) | 団員にお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。