2017年12月16日

言葉も和音も大事なのです

LA FENICEの2017年の最後の通常練習は城東区民センターにて、杉田結里先生&市川麻理子先生コンビによる三時間練習でした。
数回前から準備運動としてラジオ体操第1を行っていますが、今回は広々とした城東区民センターで、更に市川先生による生演奏。体操の伸びも2割くらい増したかもしれません。

FB_IMG_1513431772629.jpg

その後、これも前回あたりから始めた、ややこしい箇所の言葉読み。
初めはネルソンミサのクレドの一部分でしたが、その後のレクイエムの練習でも今回は言葉読みが随所で行われました。

FB_IMG_1513431783792.jpg

関西人なら身に覚えのある例え話ですが、『関西電気保安協会』と見ると、あのCMの節を付けないと喋れないという話があります。
普段取り組んでいる曲の言葉も、慣れてしまうと節が勝手に付いて回ってしまうため、言葉がおざなりになってしまうケースがあります。
今回はモーツァルトのレクイエムを中心に、今一度言葉が持つ節に沿って喋るという時間も設けられました。言葉を喋る練習は、本番直前でも欠かせないものかもしれません。

FB_IMG_1513431791303.jpg

今回は言葉だけではありません。和音にも特注してしっかり練習しました。
せっかくの響きの良い城東区民センターです。発声練習の時から根音、三音、五音を耳から作る練習をし、最後の30分は前回の杉田先生練習と同じくアカペラでの音楽作りとなりました。言葉も大事ですが、それを届ける和音も大事なのです。

そしてこれも今回からの取り組み。
メンバーを2グループに分けて、片方が舞台上で歌い、片方がホールの最後部でその歌を聞く。その後、どうだったかの意見を述べるという時間が設けられました。
がむしゃらに歌うのではなく、考えて、客観的に歌うという時期に入ってきました。

FB_IMG_1513431797196.jpg

DSC_0504.JPG
舞台上はこんな感じですが

DSC_0505.JPG
残り半分の仲間は壁の突きあたり、かなり遠くなのです!!

こんな感じで年内の練習はこれにて終了。
次回は年賀状を52円でポストにギリギリ投函できる頃に行います。お正月を経て、曲が全部すっ飛んだという事がないようにしておきたいところです。

文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 22:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 団員にお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。