2018年01月25日

指導者の示し

気付けは1月も半月が過ぎてしまい、正月気分も何処へやらと思う1月20日の朝。淀川区民センターでの本山秀毅先生によるレッスンでした。
ところで本山先生と午前中にレッスンを行う際に、驚かさせれる事があります。
前に予定がない限り、ホールの開場前から現地にお越しの上、一緒に団員の椅子並べをしているのです。筆者の少年時代に所属していた合唱団の先生も、当時最初に来て、子ども達の椅子を並べていた事を思い出しました。
人の前に立って物事を示す時は、何事も率先に前に立って見本を示さなければならないんですよ。と教わったものですが、本山先生もFENICEで前に立って、様々なことを示していただいています。一団員としては、少しでも多くの示しを受け取りたいところです。

さて、本山先生からの最大の示しと言えば、もちろん指揮から繰り出されるメッセージです。
通常練習も残り回数を数える程となりました。
本山先生に限ったことではありませんが、『ここは指揮を見てないと』というキーワードが多く出始めました。もはや楽譜は読むレベルから、眺めるレベル、あるいは暗譜している箇所を増やすところを求められています。
また、『本番指揮者がこうやって指導している事をチャンスにしてください』というキーワードもいただき、まさに本番が近づいてきている事を実感させます。
いよいよ本番が見えてきた今年のFENICE。演奏会は昨年より更に凄いものになりそうです。

今年の4月7日は是非とも予定を確保の上、伊丹まで足をお運びくださいませ。
posted by ANKAA(アンカ) at 12:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。