2018年02月21日

Requiemで合唱団の真価が問われる!?

2月17日、堀江アルテで本山秀毅先生のレッスンがありました。

第8回演奏会まではあと2ヶ月を切り、本番に向けて仕上げの段階。
本山先生は今回も丁寧に、かつ熱くご指導くださいました。

20180221221240156.jpg

この日はモーツァルトのレクイエムをHostiasから最後まで練習した後に冒頭に戻り、Requiemを練習。
このRequiemの19小節目まで歌った時に本山先生がこんなことをおっしゃいました。
「自分がお客さんで行ったら、ここまで聴いたら続きを聴くか決めます」
ほんの10数小節歌っただけで判断されるなんて恐ろしいことですが、本番ではここまででお客様を引き付ける演奏をせねばと身が引き締まります。

20180221221258910.jpg 20180221221345189.jpg

そんな合唱団の真価が問われるRequiemと某CMでも有名なDies iraeを4月7日の演奏会に先駆けお聴きいただく機会があります。
昨年も参加したHarmony for JAPANに今年も参加します。

20180221221358104.jpg
Harmony for JAPAN
3月3日(土)、3月4日(日)
京都府長岡京記念文化会館
http://www.harmonyforjapan.com/events/hfj2018/

LA FENICEは3月4日(日)に出演します。
お時間がある方は是非お越しください。

そして、もう少し聴きたいと思ってくださった方は4月7日(土)東リいたみホールでネルソンミサと共に全曲をお聴きください!!

20180221221455823.jpg

アルトAP
posted by ANKAA(アンカ) at 22:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。