2018年03月20日

本番前の大詰め練習

先日の土曜日午前中より、本山秀毅先生による練習でした。

20180320170326034.jpg 20180320170552752.jpg
堀江アルテでの練習は今回の演奏会では最終回。ものすごい数の団員で、大にぎわいとなりました。

20180320170351882.jpg 20180320170340106.jpg

まずはモーツァルトのレクイエムから、ラクリモーザでハーモニーと耳を丁寧に作り上げ、その後ハイドンのネルソンミサを全曲。モーツァルトのレクイエムもほぼ全曲に取り組みました。
というのも次回は今月末にオケ合わせへと入ります。合唱だけの練習はその翌日にもう1回あるものの、実質今回が総仕上げの最終練習なのでした。

20180320170447619.jpg 20180320170605111.jpg
三時間という時間はあっという間に経過してしまい、休憩すら惜しい状態でした。


その後、まだまだ仕上げに磨きをかけたい団員有志で、場所を変えて自主練習も開催しました。
こちらも30人近く集まり、小さな部屋は超満員となりました。あくまでも団員有志の自主練習ですので、先生は誰もいません。
自発的に歌って確認するので、意識も集中力も高まります。

結果として、午前は10時から13時。昼は14時から17時。この日は6時間もの練習となりました。

団員皆々、いよいよ春の気温上昇と合わせて本気モードです。桜とともにFENICEのサウンドも満開目前です。



文・テナーP
posted by ANKAA(アンカ) at 17:08| 大阪 ☁| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。