2018年06月18日

6月14日は本山秀毅先生による臨時練習でした!!

14日木曜日は淀川区民センターで臨時練習でした。
筆者の実家・仕事場からほど近い、かつて自分が成人式を行った場所で、まさか今、合唱の練習をやるとは…感慨深いものです。
DSC_1093.JPG

今回は第7回「天地創造」、第8回「父と神童」の御指導と演奏会本番指揮をしていただいた本山秀毅先生による臨時練習!
DSC_1095-a00db.JPG  
平日夜の変則的な時間帯でしたが、普段ご指導いただいている中村貴志先生、杉田結里先生も来られ、多くの参加者で十三の一角が熱い空間になりました。
DSC_1099-8b3fb.JPG


第1曲の前半、第3曲・第5曲のコラール、そして前回から取り掛かり始めた第2曲・第16曲の群衆のコーラス。
received_1602521039859134.jpeg
それぞれ、合唱の役目や音楽が異なりまだまだ完成度も不十分ながら、本山先生から発せられた少しの言葉で音楽が動き、音の精度が良くなるのを実感できました。
時折、曲に対する解説も交えながらの2時間少しの練習時間はあっという間に過ぎ、全員で集中した、非常に内容の濃い練習になりました。
received_1602521063192465-86508.jpeg
 

「なんとなく感じて歌うのではなく、考えて歌うことが大切」という事をおっしゃっていました。”Don’t think. Feel!”という言葉がどこかの映画にありましたが、特に知れば知るほど細かい計算と演出に溢れたバッハの曲を演奏するためには「感じる」以上に「考え」ないといけませんね。そして「耳を使う」ことの大切さを再認識。
received_1601682769942961-5c0b3.jpeg
本山秀毅先生のレッスンには、
中村貴志先生、杉田結里先生も来られていました。ピアニストの市川麻里子先生と!

次回の練習は7月8日と少し間が空いてしまいますが、今日の内容を忘れてゆくことが無いように、それぞれにヨハネの、バッハの音楽の奥深さを考えていきたいものですね。(文・テナーU)
posted by ANKAA(アンカ) at 06:25| 大阪 ☔| Comment(0) | 練習内容の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。