2016年07月04日

天地創造<バス 小玉晃>

バス 小玉晃

__hr_kodama.jpg

京都市立芸術大学大学院修了後、渡墺。ヴィ−ン国立音楽大学卒業。在学中、オーストリア政府より奨学金を受ける。リート・オラトリオをW.モ−ア、オペラをR.ニックラー、I.パジック、発声を宮廷歌手M.ニコロヴァに師事。在欧中、W.モ−アのピアノでシューベルトの歌曲集『冬の旅』などによる3回のリサイタルの他、多数の演奏会に出演。ベートーヴェン『第九』、バッハ『マタイ受難曲』、『ヨハネ受難曲』、『クリスマス・オラトリオ』、モーツァルト『レクイエム』、ブラームス『ドイツ・レクイエム』、フォーレ『レクイエム』など、宗教曲のソリストも数多く務める。また、リート解釈をH.ホッタ−、E.アメリング、E.ヘフリガ−、W.ベリー、H.ドイチュ、J.デームス、A.ヤンセン他に学ぶ。 シュトゥットゥガルト・バッハアカデミーに参加。バッハ演奏法を宮廷歌手W.シェ−ネに学び、H.リリングによるゲシュプレへスコンツェルトにおいてソリストを務める。99年帰国。ブラームスの歌曲集『美しきマゲローネのロマンス』全曲による帰国記念リサイタルを開催する他、特にドイツリート、宗教曲の分野での活躍。
J.S.G.国際歌曲コンクール第1位。日本音楽コンクール入選。全日本学生音楽コンクール大阪大会 大学・一般の部第1位。
青山音楽賞、松方ホール音楽賞、京都音楽協会賞、京都市立芸術大学大学院賞受賞。
関西二期会、日本シューベルト協会会員。
大阪音楽大学、同志社女子大学講師。京響コーラス、京都混声、サントリー1万人の第九、パナソニック合唱団、女声合唱団ヴォヮ・ドゥ・ママン他指導者。日本ドイツリート協会関西支部長。小玉晃の音楽学校主宰。


LA FENICE旗揚げ公演から第5回演奏会まで、FENICEを熱くご指導いただいた小玉晃先生と
今回、舞台で共演です
posted by ANKAA(アンカ) at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ソリストのご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地創造<ソプラノ 老田裕子>

ソプラノ 老田裕子

老田裕子.jpg

大阪音楽大学大学院歌曲研究室修了。オペラでは「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ役、「魔笛」パミーナ役、「フィガロの結婚」ロジーナ役、「椿姫」ヴィオレッタ役、「清教徒」エルヴィーラ役で好評を博す。バッハ「マタイ受難曲」、モーツァルト「戴冠ミサ」「ハ短調ミサ」、ハイドン「天地創造」「ネルソンミサ」、ヘンデル「メサイア」、フォーレ「レクイエム」、ブラームス「ドイツ・レクイエム」、ベートーヴェン「第九」などのソリストとしても活躍。第51回全日本学生音楽コンクール全国大会第1位、第73回日本音楽コンクール歌曲部門入選、飯塚音楽新人コンクール第一位、第9回松方ホール音楽賞大賞、平成17年度クリティック・クラブ奨励賞、平成22年度兵庫県芸術文化奨励賞、平成24年度文化庁芸術祭音楽部門新人賞などを受賞。同志社女子大学講師、武庫川女子大学非常勤講師 。神戸市混声合唱団団員、関西二期会会員。

LA FENICE旗揚げ公演の時にも第2ソプラノのソリストとして出演いただいております!
posted by ANKAA(アンカ) at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソリストのご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地創造<テノール 清水徹太郎>

第7回演奏会のソリストが決定いたしました

テノール 清水徹太郎

清水徹太郎.jpg

京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業、及び同大学院音楽研究科声楽専攻修了。
第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会声楽部門大学・一般の部第1位。同全国大会入選。京都市立芸術大学卒業記念演奏会に出演。第20回西宮市フレッシュコンサート及び同推薦新人演奏会に出演。京都市芸術祭新人演奏会に出演し京都市長賞を受賞。第1回ベンルカントテノーレコンソルソ第1位。
オペラでは「ラ・ポエーム」のロドルフォ、「魔笛」のタミーノ、「フィガロの結婚」のクルチオ、「テイレジアスの乳房」のタクーフ、「泣いた赤鬼」の百姓、他多数出演。風かおる氏を舞台芸術指導に迎えた神戸市混声合唱団によるオペラ「カヴァレリア・ルステカーナ」のトゥリッドゥ役は高評を受ける。また大学院在籍中に現代オペラ、原嘉寿子作曲「祝い歌の流れる夜に」の長男金沢健一役を公演。
ベートーベン「第九」、「合奏幻想曲」、ハイドン「天地創造」、シューマン「レクイエム」、「恋の歌」等のテノールソロを務める。
風かおる氏に舞台芸術を、声楽を澤井宏仁、蔵田裕行、田原祥一郎、福島明也、大島幾雄の各氏に師事。神戸大学混声合唱団、ルミエール混声合唱団ボイストレーナー。神戸市混声合唱団団員。
posted by ANKAA(アンカ) at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ソリストのご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

クリスマスオラトリオ:ソプラノ 松下悦子

今回、LA FEFNICEのソプラノソリストとして始めて出演くださるのが

松下悦子 さん

Matsushita.jpg

同志社女子大学音楽学科声楽専攻卒業の後、ドイツ・カールスルーエ音楽大学声楽学科を修了する。在独中、ヘルムート・リリングのもとでオラトリオ、カンタータなどの演奏、録音に参加する。帰国後、歌曲、オラトリオ、教会音楽を中心に幅広く活躍。定期的に開いているリサイタルでは、企画性の高いプログラミングと歌唱力が高く評価され、大阪文化祭本賞(1996)、音楽クリティック・クラブ奨励賞(2000)藤堂音楽褒賞(2002)を受賞。
又第39回オランダ・セルトーゲンボス国際声楽コンクール歌曲部門第3位(1位なし)及びオランダ音楽賞受賞(1992)、第63回日本音楽コンクール声楽部門第2位受賞(1994)など、国内外の声楽コンクールに入賞している。
N&F社のmolt fineから2008年1月にリリースされたCD「ein Tag」は、今までにない斬新な企画のドイツリート曲集として、好評発売中である。
現在、同志社女子大学教授。関西二期会会員。日本シューベルト協会同人。

posted by ANKAA(アンカ) at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ソリストのご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスオラトリオ:カウンターテノール 青木洋也

クリスマスオラトリオ

カウンターテノールは世界中を移動して活躍させれている 青木洋也 さん。

青木洋也.jpg


東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ傍ら、ボーイ・ソプラノとして東京少年少女合唱隊時代より活躍。
東京藝術大学大学院で古楽演奏、エリザベト音楽大学大学院で宗教音楽学を学び、在学中より定期的に渡欧して研鑽を積む。宗教音楽を専門とし、J.S.バッハの《マタイ》、《ヨハネ》の両受難曲や、多数のカンタータ、オラトリオやカンタータの独唱をつとめるなど、現在も着実に国内外での活動の場を広げている。バッハ・コレギウム・ジャパンの主要メンバーとして国内外の公演・録音に参加し、2011年ブレーメン音楽祭および2012年ライプツィヒ・バッハ音楽祭での《マタイ受難曲》独唱で好評を得た。2011年11月ファースト・ソロアルバム「大いなる神秘」(レグルス)をリリース。
近年は、合唱指揮者としても活躍しており、2013年2月ニューヨーク・カーネギーホールにてヴェルディ《レクイエム》(マンハッタン・シンフォニー・オーケストラ)を指揮し喝采を浴びた。
posted by ANKAA(アンカ) at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ソリストのご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする